ひとり出版社《虹霓社》

メディアが教会や国家や資本に独占されていた時代は終わり、今や個人がISBN付きの書籍を発行できる時代になった。つげ義春公式グッズの製作販売などを行っている「虹霓社」から初出版された復刻本『杉並区長日記ー地方自治の先駆者・ […]

Read More

新しい社会の姿

現在の閉塞感を特定の政党や政治家や選挙の投票率のせいにすることは簡単だが、そのままの態度を続けていれば、いつか幸福が訪れると信じている人はいるのだろうか? 国家のみならず、あらゆる権力の抑圧に抵抗することは永続的に必要な […]

Read More

あなた達自身が国家です、 皆が! だれもが!

「今回の選挙、くだらなすぎる」 と東浩紀が投票棄権の賛同署名を集めたそうだ。そんな署名はくだらなさすぎるといいたいところだが、心配で心配でしょうがないのだろう。 1970年のドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州議会 […]

Read More

芸術と政治をめぐる対話

自由芸術大学の読書会で11月1日(水)から、《ミヒャエル・エンデ/ヨーゼフ・ボイス『芸術と政治をめぐる対話』を読む》を行うことにした。FB上では評判が良い(リーチが多い)ようだが、だからといって参加者が増えるというわけで […]

Read More

オーロラの碑

記念碑の由来  昭和二十八年十一月に開設した杉並区立公民館においては、区民の教養向上や文化振興を図るため、各種の教養講座が開かれ、また、社会教育の拠点として、区民の自主的活動が行われてきました。  これらの活動のなかでも […]

Read More

わたしはドン・キホーテ気どりである

「わたしはドン・キホーテ気どりである」と戦後の初代公選杉並区長「新居格」は云う。『杉並区長日記』には、「世界の杉並区―私の文化設計―」として、杉並区をワイマールのような文化都市にしたいと書いた。 荻窪駅の北側にある大通り […]

Read More

第8回 前橋映像祭2017

毎年鑑賞者として参加していたら、なぜだか実行委員になっていた前橋映像祭。ダダイストの白川昌生さんが実行委員長ならではのダダっぷりだ。今年で、もう8回目になりますが、年々充実した映像祭になっています。一度映像作品も作ってみ […]

Read More