映画『怒り』

『怒り』という映画をNetflixで観る。イギリス人女性殺害犯市橋達也の逃走行に着想を得ているようだが、テーマは「人を信じること」。何もできないことに対する「怒り」と絡み合い、三つの物語がひとつの事実を浮き彫りにしてゆく […]

Read More

そのことを知っているかどうかは重要ではない

ジョルジュ・バタイユの経済論『呪われた部分』に入れなかった草稿をまとめた『呪われた部分 有用性の限界』をながら読みしている。その本のなかで「喫煙」について書かれたものがあった。「喫煙」について常々感じていたことが言語化さ […]

Read More

南方熊楠生誕150周年記念企画展

バタバタしていて、ふと思い出したらまだ間に合う「南方熊楠生誕150周年記念企画展」3月4日(日)まで。 先日のゴッホの話でよく分からないと言われた「神話と共同体」についても熊楠の神社合祀反対運動から話せばわかりやすいかも […]

Read More

UEFI Boot PCでUSB Tails ブート

試したのはDellのノート Vostro 15 。 0,TailsをインストールしたUSBをPCに差す。 1,電源ボタンを押し、Dellロゴが表示されたら「F2」キーを連打して、Bios画面を表示させる。 2,Gener […]

Read More

MacBook(2007)にLinuxMintをインストール

ガイドを務めている自由芸術大学「プロプライエタリ社会をハックする」で参加者が持ち込んだMacBook(2007)にUbuntuをインストールしようとして、そのままではカナ打ちカタカナしか打てなかったので、検証のため持ち帰 […]

Read More

ロンドン木版画ワークショップ

2月12日から17日までA3BCの木版画ワークショップを行うためにロンドンへ行ってきた。Lushという社会問題にも取り組むイギリスに本社のある企業のイベント「Lush Summit」に招待されたからだ。年末にインスタグラ […]

Read More

ヒロシマ・モナムール

アラン・レネ監督、マルグリット・デュラス脚本『ヒロシマ・モナムール』 邦題は『二十四時間の情事』だが、1959年公開。そういった時代だったのだろう。 こんな重要な映画を見てなかったんだなと思う。 英語字幕ならWEBにあっ […]

Read More

ゆれるゴッホ

1月28日のFAUゴッホレクチャー、やはりアブサンを舐めて聞いてもらいたいなと、ふるまいアブサンを一本買った。まだ見ぬアルルを感じる。ちょうどゴッホが『お菊さん』を読んで日本を感じていたように。

Read More

魔法使いの弟子

2015年に出版されたジョルジュ・バタイユ『魔法使いの弟子』定価520円のその小冊子はバタイユと結核で死にゆく恋人「ロール」との愛の世界のエクリチュールだ。景文館書店から発行されたその表紙にはなぜかキリンジのスウィートソ […]

Read More

オーヴェールの教会と麦畑

FAUでゴッホの話をするのに、墓参りに行った時のことも話そうかと、データを焼いたDVDの写真を探したが見つからない。オーヴェールの教会と麦畑の写真だけは残されていた。   同じフォルダにあったおまけの写真は、ポ […]

Read More