加藤一夫の民衆芸術論「民衆芸術の主張」

大正期に民衆芸術についてどのような議論が起こったかについて、よくわかるエッセイであるが、こんな風に真面目な議論のある新聞や雑誌は今あるのだろうか? 民衆芸術に関する考察  民衆は何処に在りや  民衆運動即自省更生  民衆 […]

Read More

試論「藝術と地球環境」

「民衆芸術」について考えているのですが、以前(2003年頃)書いた試論「藝術と地球環境」を読み返してみました。データはきっとDVDかなにかにあるのですが、探すのが大変と、Internet Archiveで以前のサイトを確 […]

Read More

加藤一夫の民衆芸術論「民衆芸術の意義」

加藤一夫は民衆芸術論の後に農民文芸論を出している。加藤にとっての芸術とは「文芸」のことであった。直接的に感情の吐露を表現できる美術に比べ、言語による抽象化が必要で、その教育も不十分であった文芸は、民衆芸術としては敷居が高 […]

Read More

民衆芸術運動(40)

金井正の地元、神川小学校で開催され、大成功を収めた児童自由画展は、各地の教育者の手によって、全国で開かれるようになる。各紙新聞社共同主催の「世界児童画展覧会」も開催され、『赤い鳥』をはじめとした児童雑誌でも児童画の応募連 […]

Read More

加藤一夫の民衆芸術論「民衆運動即自省更生」

加藤一夫の民衆芸術論、民衆芸術に関する考察の第二節「民衆運動即自省更生」をタイプした。キリスト教徒からアナキスト、そして天皇主義者へと変遷転向した加藤の心の動きが垣間見られる文章だった。 序と目次 民衆芸術に関する考察 […]

Read More

民衆芸術運動(39)

山本鼎はロシアで観た「児童創造美術展」に影響され「児童自由画展覧会」を開いたのだが、なぜ”創造“美術展ではなく、”自由“画美術展としたのかを、大正九年八月の『中央公論』「自由画教育の要点」の中で説明している。 自由画とい […]

Read More

本間久雄の民衆芸術の意義及び価値

大杉栄が『新しき世界の為めの新しき芸術』の中で「本間久雄君は何事にも篤志なしかし無邪気な学者である。だから君は、エレン・ケイの「休養的教養論」を一読して、至極殊勝な篤志を起したものの、却って安成貞雄君に散々に遣っつけられ […]

Read More

加藤一夫の民衆芸術論

民衆芸術について再考するということで、勉強がてら資料を作っていこうと、ブログに書いている。まとまったら『A3BCブックレット』にしていく予定だ。 民衆芸術ついては大正時代に深く考察されている。それらはすでに著作権が切れて […]

Read More

版画と複製

一点の美術作品を目指した創作版画。日本では版画家という職業が認められたが、欧米には版画家という肩書は無いと聞いている。たとえ自画・自刻・自摺であっても、それは複製を前提とした「Print」であって、複製芸術として成立した […]

Read More

民衆芸術運動(38)

大成功を収めた第一回日本版画協会展のひと月後、山本鼎が目をかけていた甥の村山槐多が、流行性感冒により二十二歳の若さで亡くなった。通夜には槐多や鼎の友人が集まり、石井柏亭の弟で彫刻家の石井鶴三がデスマスクをとった。鼎は『中 […]

Read More