多摩川の増水時の水勢を削ぎ、堤防を護るための牛枠(うしわく)の重し、蛇籠(じゃかご)。ただ強ければいいというものではなく、いろいろな工夫があるようだ。