ヤãƒŗキãƒŧä¸ģįžŠãŽäŋĄäģ°å‘Šį™Ŋ

プロテ゚ã‚ŋãƒŗテã‚Ŗã‚ēムぎå€Ģį†ã¨čŗ‡æœŦä¸ģįžŠãŽį˛žįĨžãĢã‚ã‚‹ã€é›ˇãŒé™é›ģ気であることをč¨ŧ明した「ベãƒŗジãƒŖミãƒŗãƒģフナãƒŗクãƒĒãƒŗ」ãĢよる『ヤãƒŗキãƒŧä¸ģįžŠãŽäŋĄäģ°å‘Šį™Ŋīŧˆãƒ•ã‚§ãƒĢデã‚ŖナãƒŗトãƒģキãƒĨãƒĢãƒŗベãƒŗã‚Ŧãƒŧ å‘Ŋ題īŧ‰ã€ã“れはもうéĢ˜éĄį´™åšŖ一〇〇ドãƒĢæœ­ãŽč‚–åƒãĢäŊŋわれるわけです。そしãĻいぞやåĸ—えすぎたお金をおうすることもできãĒいで、å›Ŋå‚ĩぎ大量į™ēčĄŒã‚„į„Ąé§„éŖいさえįžŠå‹™ã¨ãĒãŖãĻいるわけですから、困ãŖãŸã‚‚ãŽã§ã™ãŒã€č˛¨åšŖįĩŒæ¸ˆãŽæ šæēįš„思æƒŗがこういうもぎãĒぎで、äģ•æ–šãĒいぎかもしれぞせん。

makeyourfranklin

ã€€æ™‚é–“ã¯č˛¨åšŖだということをåŋ˜ã‚ŒãĻはいけãĒい。一æ—ĨãŽåŠ´åƒã§ä¸€ã€‡ã‚ˇãƒĒãƒŗã‚°å„˛ã‘ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽãĢ、外å‡ēしたり、厤内で怠けãĻいãĻ半æ—Ĩを過ごすとすれば、娯æĨŊやæ‡ļ惰ぎためãĢはたとえ六ペãƒŗ゚しか支払ãŖãĻいãĒいとしãĻも、それを勘厚ãĢå…ĨれるだけではいけãĒい。ãģんとうは、そぎãģかãĢäē”ã‚ˇãƒĒãƒŗã‚°ãŽč˛¨åšŖを支払ãŖãĻいるか、むしろ捨ãĻãĻいるぎだ。
貨åšŖはäŋĄį”¨ã ã¨ã„うことをåŋ˜ã‚ŒãĻはいけãĒい。だれかが、支払い期æ—Ĩが過ぎãĻã‹ã‚‰ã‚‚ããŽč˛¨åšŖをį§ãŽæ‰‹ã‚‚とãĢ掋しãĻおくとすれば、į§ã¯ããŽč˛¨åšŖぎ刊息を、あるいはそぎ期間中ãĢそれでできるもぎをåŊŧから与えられたことãĢãĒる。もし大きいäŋĄį”¨ã‚’十分ãĢ刊į”¨ã—たとすれば、それは少ãĒからãŦ額ãĢ達するだろう。
貨åšŖはįšæŽ–し子をį”Ÿã‚€ã‚‚ぎだということをåŋ˜ã‚ŒãĻはいけãĒã„ã€‚č˛¨åšŖã¯č˛¨åšŖをį”Ÿã‚€ã“とができ、ぞたそぎį”Ÿãžã‚ŒãŸč˛¨åšŖã¯ä¸€åą¤å¤šããŽč˛¨åšŖをį”Ÿã‚€ã“とができ、さらãĢæŦĄã€…と同じことがおこãĒわれる。äē”ã‚ˇãƒĒãƒŗグを運į”¨ã™ã‚‹ã¨å…­ã‚ˇãƒĒãƒŗグとãĒり、さらãĢそれを運į”¨ã™ã‚‹ã¨ä¸ƒã‚ˇãƒĒãƒŗグ三ペãƒŗ゚とãĒり、そぎようãĢしãĻついãĢは一〇〇ポãƒŗドãĢもãĒã‚‹ã€‚č˛¨åšŖãŽéĄãŒå¤šã‘ã‚Œã°å¤šã„ãģお、運į”¨ã”とãĢį”Ÿãžã‚Œã‚‹č˛¨åšŖは多くãĒり、刊į›ŠãŽåĸ—大はぞすぞす速くãĒãŖãĻいく。一匚ぎčĻĒčąšã‚’æŽēせば、それからį”Ÿãžã‚ŒãĻãã‚‹å­čąšã‚’ä¸€ã€‡ã€‡ã€‡äģŖぞでもæŽēしつくすことãĢãĒる。äē”ã‚ˇãƒĒãƒŗã‚°ãŽč˛¨åšŖをæŽēせば、それでもãŖãĻį”ŸãŋãˆãŸã¯ãšãŽä¸€åˆ‡ãŽč˛¨åšŖ――数十ポãƒŗãƒ‰ãŽč˛¨åšŖをæŽēしīŧˆīŧīŧ‰ã¤ãã™ã“とãĢãĒるぎだ。
æ”¯æ‰•ã„ãŽã‚ˆã„č€…ã¯äģ–äēēãŽč˛Ąå¸ƒãĢも力を持つことができる――そういうčĢēがあることをåŋ˜ã‚ŒãĻはいけãĒい。į´„束ぎčĩˇæēãĢãĄã‚ƒã‚“ã¨æ”¯æ‰•ã†ãŽãŒčŠ•åˆ¤ãĢãĒãŖãĻã„ã‚‹č€…ã¯ã€å‹äēēがさしあたãŖãĻåŋ…čĻã¨ã—ãĻいãĒã„č˛¨åšŖをäŊ•æ™‚でもãŋãĒ借りることができる。
これは時ãĢはたいへんåŊšãĢįĢ‹ã¤ã€‚勤勉とčŗĒį´ ã¯åˆĨãĢしãĻも、すずãĻぎ取åŧ•ã§æ™‚間を厈りæŗ•ãĢ違わãŦことãģお、青嚴が世ぎ中で成功するためãĢåŊšįĢ‹ã¤ã‚‚ぎはãĒã„ã€‚ãã‚Œã‚†ãˆã€å€Ÿã‚ŠãŸč˛¨åšŖぎ支払いはį´„束ぎ時間より一åˆģも遅れãĒいようãĢしたぞえ。でãĒいと、友äēēã¯å¤ąæœ›ã—ãĻ、äģĨé™å›ãŽå‰ã§ã¯å…¨ãč˛Ąå¸ƒã‚’é–‹ã‹ãŦようãĢãĒるだろう。
äŋĄį”¨ãĢåŊąéŸŋを及ãŧすことは、おんãĒãĢäē›į´°ãĒおこãĒいでもæŗ¨æ„ã—ãĒければいけãĒい。朝ぎäē”時か夜ぎå…Ģ時ãĢ君ぎ槌ぎéŸŗがå‚ĩæ¨Šč€…ãŽč€ŗãĢčžã“ãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĒら、åŊŧはあと六ãƒļ月åģļばしãĻくれるだろう。しかし、働いãĻいãĒければãĒらãŦ時åˆģãĢ、君をįŽ‰įĒãå ´ã§čĻ‹ã‹ã‘たり、料į†åą‹ã§å›ãŽåŖ°ãŒčžã“えたりすれば、įŋŒæ—ĨãĢはčŋ”却しãĻくれと、æē–備もととぎわãŦã†ãĄãĢå…¨éĄã‚’čĢ‹æą‚しãĻくるだろう。
そればかりか、そぎようãĒことは君がå‚ĩ務をåŋ˜ã‚ŒãĻいãĒい印とãĒり、ぞた、君がæŗ¨æ„æˇąã„だけでãĒくæ­Ŗį›´ãĒį”ˇã§ã‚るとäēēãĢčĻ‹ã•ã›ã€å›ãŽäŋĄį”¨ã¯åĸ—すことãĢãĒろう。
č‡Ē分ぎ手もとãĢあるもぎがãŋãĒč‡Ēåˆ†ãŽč˛Ąį”Ŗã ã¨č€ƒãˆã€ãã‚“ãĒやりかたでį”Ÿæ´ģしãĒいよう気をつけãĒさい。äŋĄį”¨ã‚’åž—ãĻいるäēē々が多くこぎ間違いをやる。そうãĒらãŦようãĢã€é•ˇããĢわたãŖãĻ支å‡ēも収å…Ĩもæ­ŖįĸēãĢ記å¸ŗしãĻおくぎがよい。最初ãĢéĒ¨æŠ˜ã‚Šã‚’惜しぞず小さãĒã“ã¨ãžã§æ›¸ãč¨˜ã™ã‚ˆã†ãĢすると、こういうよいįĩæžœãŒį”Ÿãžã‚Œã‚‹ã ã‚ã†ã€‚おんãĒãĢ小さãĒ支å‡ēでもįŠãŋ重ãĒã‚Œã°åˇ¨éĄã¨ãĒることãĢ気ãĨくし、ぞたäŊ•ã‚’į¯€į´„できたか、将æĨはäŊ•ã‚’į¯€į´„すずきかが分かるようãĢãĒる。â€Ļâ€Ļ
å›ãŽæ€æ…Žæˇąã•ã¨æ­Ŗį›´ãŒäēē々ãĢįŸĨられãĻいるとすれば、嚴々六ポãƒŗãƒ‰ãŽč˛¨åšŖを一〇〇ポãƒŗドãĢも働かせることができるぎだ。毎æ—Ĩ一〇ペãƒŗã‚šį„Ąé§„éŖいすれば一嚴では六ポãƒŗドį„Ąé§„éŖいすることãĢãĒã‚Šã€ãĄã‚‡ã†ãŠä¸€ã€‡ã€‡ãƒãƒŗドを借りるためぎäģŖäžĄã¨ãĒるぎだ。č‡Ē分ぎ時間を毎æ—Ĩ一〇ペãƒŗã‚šãŽäžĄå€¤ãĢåŊ“たるだけīŧˆãŠãã‚‰ãæ•°åˆ†ãĢ過ぎãŦだろうīŧ‰į„Ąé§„ãĢすれば、一嚴ãĢは一〇〇ポãƒŗドもäŊŋえるį‰šæ¨Šã‚’į„Ąé§„ãĢしãĻしぞãŖたことãĢãĒる。äē”ã‚ˇãƒĒãƒŗã‚°ãŽäžĄå€¤ãĢあたる時間をį„Ąé§„éŖいすればäē”ã‚ˇãƒĒãƒŗã‚°ã‚’å¤ąã„ã€äē”ã‚ˇãƒĒãƒŗグをæĩˇãĢ投げ捨ãĻるぎと少しも変わらãĒい。äē”ã‚ˇãƒĒãƒŗã‚°ã‚’å¤ąãˆã°ã€ããŽäē”ã‚ˇãƒĒãƒŗグだけではãĒくãĻ、取åŧ•ãĢぞわしãĻå„˛ã‘ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããŸã¯ãšãŽããŽé‡‘éĄã‚‚å…¨éƒ¨å¤ąãŖãĻしぞãŖたことãĢãĒã‚‹ã€‚â€•â€•ãã†ã—ãŸéĄã¯ã€é’åš´ãŒåš´é…ã¨ãĒるぞでãĢは、そうとう大きいもぎãĢãĒるだろう。