加藤一夫の民衆芸術論「民衆芸術の主張」

大正期に民衆芸術についてどのような議論が起こったかについて、よくわかるエッセイであるが、こんな風に真面目な議論のある新聞や雑誌は今あるのだろうか?

民衆芸術に関する考察

 民衆は何処に在りや
 民衆運動即自省更生
 民衆芸術の意義
 民衆芸術の主張

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 3 =