癜い雚

広島アビ゚ルト芝居小組公挔幎目の舞台矎術の手䌝いを終えお、JR可郚線「䞊八朚駅」から「暪川駅」に行く。井䌏鱒二の小説「黒い雚」の語り郚である閑間重束が被爆した駅だ。電車を䞀本乗り過ごしおしたったので、午前8時15分には間に合わなかった。駅のホヌムには時蚈が無い。最近、JRが時蚈を取り倖しおいるそうだが、駅のホヌムに時蚈が無いのはどうかず思う。1945幎8月6日圓日の閑間重束の足跡を蟿ろうず、暪川駅から歩き始めた。

空には雲䞀぀なく、倪陜の栞融合の光が燊燊ず降り泚いでいた。土地勘が無いので道を間違えたり、迷ったりしながらも、日間かけお倧雑把に足跡を蟿るこずは出来た。それなりの理由があるずしおも、原爆が投䞋され、混乱の極みにあった日に、どうしお広島䞭を歩き回らなければならなかったのだろう。だが、そのおかげで原爆投䞋圓日の広島の党䜓像が描かれるこずになった。この小説は重束静銬の「重束日蚘」を元に曞かれたずいう。

翌日は雚だった。癜い雚だ。広島駅前のホテルから宇品枯たで歩き、暪河駅たで戻る。東京ぞの列車に乗るために広島駅に着いた頃には日が暮れおいた。重束が通った道はいく぀か行きそびれおしたったが、アビ゚ルトの芝居で語られおいた、頂郚に金鵄が食られおいる「平和塔」に立ち寄る。元々は「日枅戊争凱旋碑」だったのを、敗戊埌に「凱旋碑」の文字をセメントで塗り぀ぶし「平和塔」に倉えおしたったそうだ。他にも癜く塗り぀ぶされたり、地䞭に埋められたりした碑がいく぀かあるらしい。日本人らしいずいえばそれたでだが、ずにかくそれは埡幞通り、埡幞橋近くの脇道を入った䜏宅地の小さな公園に䌌぀かわしくない様で、今も立ち続けおいた。