戦争の絵を、空襲の絵を描こうと思う。

バブルの終焉、湾岸戦争が勃発した時には愛媛の今治で暮らしていて、母方の祖母の出身地の(伊予)大島や能島を巡り、村上水軍について調べていたりもした。なぜそうしたかは忘れてしまったが、仕事以外は和服で過ごした。夏にはアパート […]

Read More

創作木版画ワークショップのチラシ

7月20日、IRREGULAR RHYTHM ASYLUMで行う「革命的多色刷り創作木版画ワークショップ」のチラシを作りました。 ワークショップの計画と同じく二版使いました。細かく色も変えてみたものも摺ってみましたが、小 […]

Read More

生のエコロジー

「セブンティーン」の猫がいて、15年ぶりに医者に連れて行った。 「エコロジーライフ」というコマーシャルなキャッチコピーがあったが、特に原発爆発以降、「人生のエコロジー」について考えなければならなくなったのだと思う。 「産 […]

Read More

革命的多色刷り創作木版画ワークショップ

Irregular Rhythm Asylumでは、過去2回、民衆メディアとして、コピー紙や布やTシャツにも簡単に刷ることの出来る油性インクを使ってワークショップを行ってきました。 今回は、墨汁や水彩絵の具を用い、主版と […]

Read More

戦争の記憶と表現

油彩で三角をいくつも描きながら思ったのは、今のアートには戦争の記憶が無いのではないかということだ。ウォーホールのカラフルな作品にさえ戦争の記憶は深く刻印されている。自分自身はもちろん戦争に行ったわけではないが、学校や生活 […]

Read More

創作版画運動 ①

7月のIRAでのワークショップは、禁断の多色摺り木版画ということで、「創作版画運動」を改めて調べてみるとこれまた面白いです。 山本鼎が明治37年に雑誌「明星」で発表した『漁夫』が自画・自刻・自摺による「創作版画運動」の記 […]

Read More

Banksy stencil

偽Banksyのステンシル版もまだありました。 SVGソースコードもダウンロード出来ます。 http://fffff.at/banksy-stencil/

Read More

grove

20年前位に作ったエッチングを見つけた。作った当時はあまり良くないと思っていたが、久しぶりに見てみると、(まだ中途半端な版の上に、ためし刷りで、刷りは良くないし、保存も良くないので染み付きですが)当時思っていたよりも悪く […]

Read More