ワルツとノイズ

現代音楽のレコードを数枚持っていたはずだが、古レコード屋に売ってしまっていて、今あるのは「THE WALTZ PROJECT」一枚だけだ。このロバート・モランが企画したアメリカの現代・前衛音楽家によるピアノ・ワルツ集は、銀座の山野楽器で買った覚えがあるので、デザイン事務所でバイトしていた20歳頃に買ったのだと思う。プレスが悪いのか、買ったときからパチパチノイズが出ていた。このレコードを時々無性に聴きたくなる。今日聴いていてふと思った。ほんとうは音楽より、このノイズを聴きたいのかもしれないと。

Robert Moran, etc. – THE WALTZ PROJECT : 17 CONTEMPORARY WALTZES FOR PIANO(下北沢ノアルイズ・レコードのホームページより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =