版画用の油性絵具で刷った木版画Tシャツを洗濯した

日本海賊放送のロゴを彫って、版画用の油性絵具で刷ったTシャツを洗濯してみました。
まず、水で手洗い、問題なさそうです。次に洗濯用洗剤をつけてもみ洗いしました。これも問題ないようです。
次に、洗濯機で洗ってみると、定着の悪い部分がほんの少し落ちた感じもしますが、色移りもないし、DIY―Tシャツとしては問題無さそうです。

wash

使った版画用の油性絵具は(株)サクラクレパスのものです。大正時代から続く古い会社なので仕方ないかもしれませんが、財閥・皇族としっかり繋がっているようで、そういうものからの完全な離脱というのはやはり困難です。インクからDIYするしかないとも思いますが(それほど難しくはないのですが、かえって高くつきます)、顔料は?油は?ということになり、こだわりすぎると何も出来なくなるので、まずは手軽な材料でとにかく作りはじめることが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 3 =