åąąé ­įĢをį”Ÿãã‚‹īŧšäē”月䚝æ—Ĩ

曇、昨夜はįœ ã‚ŒãŸã€äŊ•ã‚ˆã‚Šã‚‚įĄįœ ã§ã‚る。
初夏ぎ朝、よいたより。
ãĄã‚ˆã¤ã¨čĄ—ã¸å‡ēãĻæˆģると、čĒ°ã‚„らæĨãĻã‚ã‚‹ã€æ€ã˛ãŒã‘ãĒく构å¤Ēå›ã ã€é…’ã¨čą†č…ã¨ã‚’æŒã¤ãĻ。
ãĄãŗīŧīŧŧやつãĻゐるところへ、呂įĢšã•ã‚“がčĻ‹čˆžãĢæĨられた、これぞたčŒļを持つãĻ。
さらãĢ樚明æĨ、īŧ´å­ã•ã‚“æĨåēĩ。
éĸ¨ãŒåšã„ãĻčŊãĄã¤ã‘ãĒい、éĸ¨ãĢは困る。
æž„å¤ĒæĨぎよろこãŗを暯į”°ãžã§åģļé•ˇã™ã‚‹ã€ã‚ˆã„æš¯ã€ã‚ˆã„é…’ã€ã‚ˆã„éŖ¯ã€ã‚ˆã„čŠąã€ã‚ˆã„åˆĨれでもあつた、构å¤Ē君ãģんたうありがたう、ありがたう。
夕暎、帰åēĩすると、éŖ˛ãŋつゝある樚明をį™ēčĻ‹ã™ã‚‹ã€åŊŧはぞことãĢ酒åĨŊきだ、少々酒ãĢéŖ˛ãžã‚Œã‚‹æ–šã ãŒã€‚
労れた、よい意å‘ŗで、――äģŠå¤œã¯ã‚ˆãã­ã‚€ã‚Œã‚‹ã ã‚‰ã†ã¨å–œã‚“でゐると、īŧ´å­å†æĨã€čŠ°ã‚‰ãĒいäē‹ã‚’čŠąã—ãĻ時間をįŠēしくする、しめやかãĒ雨とãĒつたが寝č‹Ļしかつた、困つた。
ãƒģį”ŸããĻæˆģつãĻäē”月ぎå¤Ēé™Ŋ
ãƒģけさは水éŸŗぎīŧˆãŒīŧ‰ã€ã‚ˆã„ことがīŧˆãŽīŧ‰ã‚りさうãĒ
č‘ąåŠä¸ģ、わたしãĢもうれしいことがある
暯あがりぎ、かきつばたぞãļしいãĒīŧˆį—…垌īŧ‰
ãƒģįĢšãŽč‘‰ãŽã†ã”くīŧˆãã‚ˆãīŧ‰ã¨ã‚‚ãĒくしãĨかãĒり
ãƒģ土は水はあかるくį¨Žã‚’おろしたところīŧˆč‹—äģŖīŧ‰