mizue

国防芸術と政策芸術

戦前、昭和十六年一月号の美術雑誌「みずゑ」に『国防国家と美術(座談会)――画家はなにをすべきか』という座談会の記事が掲載され、その後、芸術家や芸術団体への弾圧が始まった。 昨日、2015年6月25日に自民党議員が開いた「 […]

Read More
unnamed

チームワレラ個展「農民芸術一揆!prototype2015~宮沢賢治【農民芸術概論綱要】と共に~」

東京高円寺にある素人の乱12号店「ナオナカムラ」で、明日6月23日まで開催している、チームワレラ個展「農民芸術一揆!prototype2015~宮沢賢治【農民芸術概論綱要】と共に~」。築50年あまりの、以前はオルタナティブな学校としても使われていた「フデノビル」、その2階の一室にある素人の乱12号店が「ナオナカムラ」によって農家の納屋と化していた。

Read More
IMG_0072

エートスと資本主義の精神

一時期大騒ぎとなったエートス・プロジェクト。最近はエートスという単語さえ目にしなくなってしまったが、すでに「社会的心理」となってしまっているのだろうか。

Read More

生きた貨幣とヒップホップ

ザ・ブリティッシュ・インヴェイジョンよりもヒップホップの方が革新的だという研究発表があったらしい。その通りだと思う。研究はヒットチャート登場以降の分析のようだが、ラップ、ブレイクダンス、グラフィティ、DJ、パーティといっ […]

Read More
IMG_1605

リトグラフ用インクで木版を布に摺る

A3BCで制作した「沖縄米軍基地建設反対運動連帯木版バナー」はいつものサクラの版画用油性インクではなく、版画用品店にあるリトグラフ用のインクを使った。以前、このインクで試してみたときはサクラのインクに比べて乾くのが遅い気 […]

Read More
maebashi

前橋映像祭三つ折りパンフレット

前橋映像祭事務局から、三つ折りパンフレット(タイムテーブル)用のデザインを木版で作れとの司令が下った。この映像祭ではドキュメンタリー、ドラ マ、ショートフィルムや実験映像など、多様な作品が上映される。デザインによってひと […]

Read More

貨幣小説『親和力』

ずっと気がかりだったゲーテ『親和力』をやっと読む。古本の岩波文庫を手に入れたのは20年以上も前の話だ。ボードリヤールの翻訳などしている今村仁司の『貨幣とは何だろうか』によると「貨幣形式」の小説ということだが、ストーリー自 […]

Read More

贋金つくり

「贋金つくり」に主人公は居ない。三つの家族の愛憎と波乱含みの交流が描かれる。それを描くのはジイドではなく「贋金つくり」の題名で小説を書こうとしている小説家だ。しかし小説の中で小説はほとんど書かれることはない。結びの言葉だ […]

Read More
makeyourfranklin

ヤンキー主義の信仰告白

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神にある、雷が静電気であることを証明した「ベンジャミン・フランクリン」による『ヤンキー主義の信仰告白(フェルディナント・キュルンベンガー 命題)』これはもう高額紙幣一〇〇ドル札の肖 […]

Read More