性別を越えた愛だけが、深い愛に近づくことが出来る

最近は子どもを産むことを、経済的な「生産」と捉える人が多いそうだ。「富国強兵」のプロパガンダがうまくいっているのだろう。 ファシズムも共産主義もキリスト教も拒絶して、人間は生産したり役に立ったりしなければならないという価 […]

Read More

UTUTU/eARTh: interactive performances

2003年にポルトガルで行ったパフォーマンスの報告がscribd.comというデジタルライブラリに残っていた。クレジットカード番号を入れないとダウンロードできないので、あきらめて、このページにコピペして記録に残しておくこ […]

Read More

太陽とゴッホの耳

許されていないことは起こりえない。日々、様々な事件が起こり、問題は無くなる気配を見せないが、それらは人間に許されている事柄なのだ。

Read More

神話と共同体《プロメテウスとしてのヴァン・ゴッホ》

今年の1月に自由芸術大学で「知られざる共同体──ゴッホと画家組合」というタイトルでレクチャーを行った。続編として、今年の6月12日に明治大学教養デザイン研究科の特定課題講座「風に吹かれて テントは世界を包む2018」の中 […]

Read More

映画『怒り』

『怒り』という映画をNetflixで観る。イギリス人女性殺害犯市橋達也の逃走行に着想を得ているようだが、テーマは「人を信じること」。何もできないことに対する「怒り」と絡み合い、三つの物語がひとつの事実を浮き彫りにしてゆく […]

Read More

そのことを知っているかどうかは重要ではない

ジョルジュ・バタイユの経済論『呪われた部分』に入れなかった草稿をまとめた『呪われた部分 有用性の限界』をながら読みしている。その本のなかで「喫煙」について書かれたものがあった。「喫煙」について常々感じていたことが言語化さ […]

Read More

南方熊楠生誕150周年記念企画展

バタバタしていて、ふと思い出したらまだ間に合う「南方熊楠生誕150周年記念企画展」3月4日(日)まで。 先日のゴッホの話でよく分からないと言われた「神話と共同体」についても熊楠の神社合祀反対運動から話せばわかりやすいかも […]

Read More

UEFI Boot PCでUSB Tails ブート

試したのはDellのノート Vostro 15 。 0,TailsをインストールしたUSBをPCに差す。 1,電源ボタンを押し、Dellロゴが表示されたら「F2」キーを連打して、Bios画面を表示させる。 2,Gener […]

Read More

MacBook(2007)にLinuxMintをインストール

ガイドを務めている自由芸術大学「プロプライエタリ社会をハックする」で参加者が持ち込んだMacBook(2007)にUbuntuをインストールしようとして、そのままではカナ打ちカタカナしか打てなかったので、検証のため持ち帰 […]

Read More