思い出

MINOLTA AL-E x ORIENTAL New Seagull 100

ジャスピンコニカはピントが甘い時があるので、ネットで探してみたら、格安でよさそうなミノルタAL-Eがあったので手に入れた。レンジファインダーのピントには驚きがある。ところが環境を破壊するということになっている、水銀電池はもう作られてないので、電池無し(露出計無し)で感覚で撮影してみたら、意外に難しい。やはり表現には経験が必要なのだ、二眼レフの時はスマホのアプリを使って露出を決めてみたが、いまひとつ気に入らなかった。昔、質屋に売ってしまった一眼レフと同じイメージだが、「思い出」は信用できないし、見るからに怪しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + nine =