閑話休題

バブル後に顕著となったナショナリズムが、今回の衆院選での自民党圧勝、安倍政権発足、日本維新の会の大躍進をめぐって、さらに拡大しているように見え、巷では日本の戦前回帰が始まったとの噂も流れていますから、終わったものとしてしか捉えていなかった時代を再考してみようと、大杉栄あたりの資料を読んだりしています。

率直な感想として、戦前の日本はかなりの野蛮国家であったことは、誰の目にも明らかだろうと思います。視点を変えれば、おおらかな時代だったとも言えるのですが、多分、この時代に戻ることは、わたしたちのような在野の人々よりも、権力側の方々にとって、より敷居が高いことでしょう。

閑話休題

有島武郎はなぜかこれまで読んだことがなくて、戦前再考の過程で目にしましたが、「農民文化といふこと」これこそがフリー(自由/無料)ということだろうと思いました。しかし有島武郎が悩んだように、パブリックドメインのパラドックスをどう乗り越えるかが、やはり最大の課題となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =