わたしはドン・キホーテ気どりである

「わたしはドン・キホーテ気どりである」と戦後の初代公選杉並区長「新居格」は云う。『杉並区長日記』には、「世界の杉並区―私の文化設計―」として、杉並区をワイマールのような文化都市にしたいと書いた。

荻窪駅の北側にある大通り、あのあたりがわが杉並区のセンターともなろう。よき図書館、上品なダンスホール、高級な上演目録をもつ劇場、音楽堂、文化会館、画廊などがあってほしい。

現在、荻窪駅北口の大通りの向かい側には、「驚安の殿堂 ドン・キホーテ」が目立っている。

格は色紙に書いている。

路と云ふ路は
羅馬に通ずれば
ドン・キホーテよ
でたらめに行け

荻窪駅北口を走る青梅街道は、今でもワイマールに通じているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + six =