Debian “wheezy” のチューニング

時間を見つけては、Debian “wheezy” を試している。
ディスクトップOSとしても使いやすいものになっている感じがする。
ある程度のコツは必要のようだが、チューニングは順調に進んでいる。

■ネット接続
有線/無線とも接続される。

■フォント
フォントを追加したら、文字化けした。
(Takao、Umeフォント 他)
フォントキャッシュの更新が必要。
fc-cache -f -v
フォント表示が少し崩れていたので、以下を実行
ln -s /etc/fonts/conf.avail/10-unhinted.conf /etc/fonts/conf.d/

■プリンター
エプソンサイトからドライバをダウンロード/インストールで認識/印刷された。
http://download.ebz.epson.net/dsc/search/01/search/?OSC=LX
epson-inkjet-printer-escpr_1.3.0-1lsb3.2_amd64.deb

■外部モニタ
接続するだけで認識されたが、デュアルディスプレーにしようとすると、以下のエラー
“位置やサイズが許容範囲を超えました: 位置 (1280, 0)、サイズ (1920, 1080) / 許容範囲 (1920, 1920)”
xorg.confを作成/編集して、許容範囲を拡大した。
Virtual 3200 1920
を追加。

■ノンフリーFlashプラグイン・インストール
/etc/apt/sources.list に以下リポジトリを追加。
deb http://ftp.de.debian.org/debian wheezy main contrib
Synaptic パッケージマネージャーで“flashplugin-nonfree”をインストールした。

□参考サイト
新森からの雑記
さかな前線
凡人プログラマーの独り言
ラムダ算法書店
AMD64 マシン用 flashplugin-nonfree_3.2_amd64.deb のダウンロードページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =