FAUでゴッホの話をするのに、墓参りに行った時のことも話そうかと、データを焼いたDVDの写真を探したが見つからない。オーヴェールの教会と麦畑の写真だけは残されていた。

ゴッホが描いた建物や風景には絵と解説のパネルが設置されている。

この麦畑の先にある小さな墓地にゴッホとテオの墓はある。 2003年の8月の夕方、カラスではなく鳩が飛んでいた。

 

同じフォルダにあったおまけの写真は、ポルトガルで会ったアーティストに、おみやげで持っていった越中ふんどしの付け方を教えているところ。 次の日には「俺を男にしてくれた!」と喜んでいた。いったい彼に何があったのだろう。