加藤一夫の民衆芸術論、民衆芸術に関する考察の第二節「民衆運動即自省更生」をタイプした。キリスト教徒からアナキスト、そして天皇主義者へと変遷転向した加藤の心の動きが垣間見られる文章だった。