民衆芸術論|加藤一夫

 民衆芸術の主張

 一

 民本主義もしくは民主主義の議論が社会の各方面に行わるると共に文壇にもまた民衆芸術において語る者が多くなった。そしてそのいずれも皆民衆芸術そのものに対して異論をはさもうとするのでないようであるが、今の民衆芸術家若しくは民主芸術の主張者の大部分が民主主義もしくは民衆芸術において誤れる思想を抱いているということを指摘糾弾せんとする者のようである。
 自分は今、今の日本の文壇において、誰が民衆芸術家であるか、もしくはその主張者であるかを知らない。けれど、自分の「科学と文芸」や福田正夫君の「民衆」や百田宗治君の「表現」などは民衆芸術を目指すものであり、これらの雑誌に書くものもまた、まだ民衆芸術家と称することは出来ないまでも、少なくとも民衆芸術たらんことを望み、また、民衆芸術を主張するものであるのを知っている。そこで、かかる時に際して、一つは外部からの誤解を掃討せんがために、一つは内部からの誤想を防止せんがために、吾々の態度を明らかにしておく必要を感ずる。
 生田長江氏が三月二九日(大正七年)から三〇日にかけて「時事」紙上に書いた民衆芸術に対する論議は大体において首肯することが出来るが、同時にまた、民衆芸術の主張に対して余りに独断的な誤解を披露しているように思われる。
 もちろん、生田氏は「今日民衆芸術を口にする者の十中八九まで、いすれも誤れるもしくは不徹底なる民主主義を信奉している」と言っているのであるから、十中の一二分はそうでない事を暗示しているし、殊に吾々(というよりは自分)がそのいずれに属しているかを言っていないのであるから、自分があえて生田氏に盾をつく必要がないのであるが、吾々の態度を明らかにする便宜の上から仮に生田氏の議論を対象に引き合わすことを許してもらうつもりである。
 生田氏は言っている。
「彼らによれば今日正しき感情と正しき思想とを有しているのは民衆である。そして民衆とは畢竟労働者の名をもって呼ばるる大多数の貧乏人の謂いなのである。しかし正しき感情を有し正しき思想を有していられるのは、非常に幸福なことでないか……かの漫全民衆芸術を高唱しているところの民主主義者は、かくも幸福なる民衆のためにこの上更に何をしてやろうというのか。」
 これによって見れば、生田氏の見たる民衆芸術の主張者等は、自分を一段高いレベルに置いて、貧乏なる大多数の労働者の幸福を計る民主主義者であって、民衆芸術とは畢竟、この貧乏なる労働者の幸福をはかるための芸術たるに過ぎないのである。
 しかしながらこれは誣妄である。民衆芸術の真意は決してそんなものではない。また、民衆芸術を口にするものの十中八九までもそんなのんきなことを言っていないはずである。
 なるほど「民衆のため」という事は民衆芸術の一目的であるのは言うまでもない。けれどそれと同時に民衆芸術は「民衆によって」なされたものでなければならず「民衆それ自身の」所有する芸術でなければならぬのである。何故なればこれは特に新興人民の芸術だからである。
 
 二

 論者はしかし言うかもしれない。
 もし民衆芸術が民衆によってつくられ民衆それ自身の所有するものでなければならぬとするならば、今日の芸術家のほとんどすべては民衆芸術家たるを得ないのであろう。何となれば彼は労働者ではないからと。
 そうだ、いうところの民衆なるものが、もし、生田氏の言わるるように大多数の貧乏なる労働者のみであるならばそれは道理だ。かくて、ゴーリキは民衆芸術家であり得ても、トルストイはもとより、ドフトエフスキーすらも民衆芸術家たることを得ないであろう。何となればトルストイは貴族であったし、ドフトエフスキーとてもまた、いかに貧乏をしたとしてもやはり一個の貴族であったからである。けれど誰がトルストイやドフトエフスキーを民衆芸術家でなかったと言えよう。
 民衆芸術主唱者のいわゆる民衆とは「労働者階級をもって呼ばれる大多数の貧乏人のことだ」と生田氏は言う。しかし我々はそんなことを言わなかった。それは本年の一月号に(大正七年)に書いた自分の「新潮」及び「科学と文芸」の小論文を見てくれればわかる。民衆とは一体誰のことであるか。これを定めようと思って、自分は「新潮」に「民衆は何処に在りや」を書いたのである。今、同誌が手元にないから引用することが出来ぬが、要するにそれは、民衆とは、貴族だとか平民だとか労働者だとか富豪だとかいったような外的な関係によって区別さるべきものでない。民衆とは即ち、真の人間性を体現した、もしくは真の人間性に目ざめ、それを体現しようとする者のことであるという事を語ったのである。

 三

「それ故に民衆は何処に在るか、民衆は決して大多数の貧乏なる労働者階級にのみ存するのではない。それは労働者のうちにも百姓のうちにも軍人のうちにも知識階級のうちにも貴族階級のうちにも、社会のいたるところに存するのである。○に自分が新興人民といったそれである。」
 生田氏も言っているように、不幸なものは決して労働者階級ばかりでない。貴族も富者も智者も学者も、すべては皆不幸である。というよりはすべてはみな、物質文明の重荷の下に押さえつけられている。ロマン・ロランの言ったように、重くるしい息づまるような物質文明の空気の中に窒息して死にかけている。カーペンターやトルストイが指摘したように、ほとんどすべてはみな、物質に支配され、富に支配され、その他人間の造り出したものそれ自身のためにかえって支配され自由を奪われ奴隷にされている。現代は実にあらゆる人間の奴隷にされている時代であると言ってもよい位である。
 ところがここに新しい生命が生まれたのである。こうした息つまるような空気には耐えきれないで、自由な大空を慕い、こうした奴隷の鉄鎖の重みに耐えないで、内にみなぎる力をもてる腕や足の自由に打ち振るう事を願う新しい生命が甦ったのである。そしてそれは社会のいかなる所にも、いかなる階級にも生じたのである。彼らはいま人となろうとしている。新鮮なる血は脈流し、胸は自由と愛との大空に向かって波打っている。彼らは今、暁の光を見たのである。朝日は今、社会のあらゆる方向にも公平にそのうるわしく健康なる光をそそいでいるのである。
 こうした新興の生命を自分は民衆と言ったのである。労働者のみを民衆だとは決して言わなかった。

 四

 論者はまたしかし云うだろう。そうした自覚は何も今新しく起こった事でない。いかなる時代にもこれがあった。殊に十四世紀の文芸復興時代の個人主義運動もしくは人道主義運動の勃興と共に特に著しかったでないかと。そうだ。それは決して今始まった事でない。それは自然主義運動、個人主義運動、人道主義運動等の通路を歩みつつここに至ったのだ。それ故に、もし今日の民衆藝術にして、自然主義や個人主義の洗礼を受けない。思想上の別の系統を創始するものであったならば、案外根のない幻想のようなものになってしまうかも知れない。しかしこれは永い間の歴史と閲歴とをもった深い根を遠くの昔にもっているである。そして今や、自然主義的思想ばかりでも満足せず、単なる個人主義的思想ばかりでも満足せず、現実に足をおろすと共に、その現実の固定したものでないのを知り、そしてその流動する現実のうちに理想を見出し、一切を所有する自我の尊貴を自覚するとともに、その自我はそれ自身、狭少なる孤立的存在たるに止まらずして、本質的に愛と自制とによる大なるマッス・マンもしくはデモクラティックな生命であるのを知ったのである。彼は自由を尭望するが、しかしまた同時にその中に愛と自制とをとかし込もうとする。
 この意味において自分は、長谷川天渓氏のように、文芸上の民主主義と政治上の民主主義とは別々の源から出たもので、前者は愛を本質とし、後者は利を本質とするといったような考えには、同ずることが出来ないのである。又、田中玉堂氏のように、民主主義は単に個人主義の運出に過ぎないとも思わないのである。もちろんこういった時には民主主義という観念からきめてかからねばならぬけれど、今はこれを言わないとして、自分の考えでは、民主主義は個人主義の派生物であるより、個人主義の同じ根幹の上に成った成長であると思うのである。又、人間が基本質においてデモクラティックであるのを信ずる自分においては、文芸上の民主主義と政治上の民主主義とが別々の源から流出したものとは思えないのである。しかしそれはさておき、我々のいう芸術とは、こうした自覚の上に立ち、こうした意識の下に在る新しい個人の思想なり、感情なりを溶かしこんだ芸術である。
 こうした個人の経験なり、実感なり、体験なり、憧憬なり、苦悶なり、懊悩なり、悲哀なり、勝利なり、何でもいい、いやしくも、真の人間性の触れ得る、一切の真の実感を表現した芸術である。

 五

 それ故に我々は単に、貧乏なる労働者の物質的解放を目標としているのではない。従って吉田絃二郎氏が「新時代」で非難して居るように「自分をば何時も民衆より一歩高いレベルに置いて考えて」いるのでない、そして「彼等民衆を如何にすべきか」とか「民衆に幸福な生活を与えよ」とかのみ考えているのではない。
 民衆芸術はイズムではない。一切の真の芸術は民衆芸術でなければならない。それがもし単なる社会運動であるならば、社会が改善された暁には無用になる芸術である。けれど我々はたとえ我々の芸術に社会問題や政治を取り扱うような事があってもそれを単なる現象として取り扱わないのである。現象を現象として取り扱うのは科学者の態度である。けれど、我々はその現象の真に永遠なる人間性を認めようとする。人間性の悩みや喘ぎや光耀を描こうとする。我々は今迄の日本の芸術に、こうした態度でかかれたものをほとんど見ないのである。我々はただ芸術に科学を見てきたのである。そして我々は今、真の哲人的態度をもって、真の宗教家の態度をもって、人生の根本に、遡ろうとしているのである。自分は今こうした事をいうのを恥じる。何故なれば、自分がまだそんな芸術の一篇も制作しないのに、希望だけいたずらに大きいからである。ああいけれど、我々はついにそんな芸術を創作し得ないであろうか。自分の力は小さい。けれども、何者かの力が自分を助けてくれるような気がする。貧弱な自分の鹿らでなしに、大きな大きな本願が自分によって何かを創造してくれるような気がする。そして、我々の周囲に存する多くの優れたる才能を通して、多くのよい芸術を創作してくれるような気がする。我々は今それ等の人々をこの本願に結びつける役目の片隅をでも負いたいと思うのである。
 実際いま、この悩める者の声が至るところにきこえる。重くるしい、空気で充たされた密閉せる室から大気の下に踊り出ようとしているものの苦悩の声が世界に充ち充ちている。この喘ぎが、この憧れが、正しい表現を見出し得ないという道理はない。そしてこの祈願がついに達しられないというはずもない。

 六

 我々は今、他の貧乏人を何してやろうというさわぎではない。吉田氏のいうように「民衆を駆っていやでも英雄の地位にまで引き上げてやるだけの親切」をもって民衆を愛しようとするのでない。こういう態度はやっぱり、吉田氏自身が非難した民衆芸術家と共に自分を一歩高いレベルに置くことである。しかしそれがわるいのでない。そうした余裕の出来ている人はそうしてくれるがいい。しかし我々は今もなお喘げる民衆それ自身である。ただ自由を尭望すると共に、愛と自制との必要を悟った迄に過ぎない。自分の弱さ、悩み、汚れ、醜悪、不幸、悲哀、こういうものの凝視が、やがて澎湃たる同情と愛の情念に燃え出てくるのを感ずるばかりである。今のところ我々はこうした態度で芸術に従事する、そしてこうすることによって、同じ心を、同じ人間を、労働者のうちにも貴族のうちにも、学者のうちにも見出し得ると信じている。
 それ故にまた我々は生田氏と同じように「すべての貴族を残らず平民に」しようとするのではないが、同時にまた氏のように「すべての平民を貴族」にしようとするのでもない。勿論、ここにいう、貴族とか平民とかは字義通りにとらないで、生田氏の精神をとらねばならぬことを自分も知っては居るが、とにかく、我々はいま、貴族とか平民とかいう階級的観念に超越する事の出来る人間であろうとするのである。そして、よし他人に仕えている身分で自分があろうとも、しかもなお自主たるを失わない自分であり得たいと思うのである。
 今のところ先ず民衆芸術の目指す直接的効果はこうした内的自由である。普遍的自主である。そして芸術は徐に準備をするであろう。時が来ると外的にも真の自由や自主や愛が楽しまれるであろう。その時は、政治家の言っているようなそんな不徹底なものでなくて真の世界が忽然として発現するであろう。

 七

 序に言っておきたいことは、川路柳虹氏が「科学と文芸」に集まった詩人の群れに民主派という名を与えた事である。(川路氏の批評については別に言いたいことがあるがここでは言わぬ)自分はこの名前をあまり嬉しく思わぬ。何となればこの名前は余りに政治的臭味を帯びている。ことに人民の政治は人民によってせられねばならぬといった様な事を主張する人々を連想させる。しかし我々の目的とするところがその細かいことでなくて、ただ各人が真の人間性に目ざめ、自律内発的な愛と自制の精神をもって、真の自由に生きん事を欲するに過ぎないのであるからである。我々は我々の芸術を必ずしも民主主義と結びつける必要を見出さない。それがなくても我々の芸術は成り立つ。我々の芸術は川路君の言っているように、ある流派に対立する必要上成立する相対的なものでない。ある流派に対抗せんがための芸術なら、その流派が衰えた時には必要がなくなるかも知れない。しかし我々の主張する芸術は人間性の真に徹せんとするものであるから、そして、人間性は人間の存続する限り永遠に成長するものであるから、これもまた、永遠にその存在の権利を有するものである。