山頭火を生きる:五月六日

晴、朝は郵便を待つ、これあるがゆえの毎日でもある。
樹明来、胡瓜で一杯、さらに鯛で一杯、鯛は近来の美味だつた、さしみ、うしほ、そして焼いて、たらふく頂戴した、うまかつた、うまかつた。
寝苦しい、放下着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =