山頭火を生きる:五月八日

曇、風(風はさみしくてやりきれない)。
弱い身心となつたものかな、あゝ。
・山はひつそり暮れそめた霧のたちのぼる
・サイレンながう鳴りわたる今日のをはりの
・病みて一人の朝となり夕となる青葉
・雑草咲くや捨つべきものは捨てゝしまうて
・草や木や死にそこなうたわたしなれども
・五月の空の晴れて風吹く人間はなやむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 17 =