山頭火を生きる:五月九日

曇、昨夜は眠れた、何よりも睡眠である。
初夏の朝、よいたより。
ちよつと街へ出て戻ると、誰やら来てゐる、思ひがけなく澄太君だ、酒と豆腐とを持つて。
ちび/\やつてゐるところへ、呂竹さんが見舞に来られた、これまた茶を持つて。
さらに樹明来、T子さん来庵。
風が吹いて落ちつけない、風には困る。
澄太来のよろこびを湯田まで延長する、よい湯、よい酒、よい飯、よい話、よい別れでもあつた、澄太君ほんたうありがたう、ありがたう。
夕暮、帰庵すると、飲みつゝある樹明を発見する、彼はまことに酒好きだ、少々酒に飲まれる方だが。
労れた、よい意味で、――今夜はよくねむれるだらうと喜んでゐると、T子再来、詰らない事を話して時間を空しくする、しめやかな雨となつたが寝苦しかつた、困つた。
・生きて戻つて五月の太陽
・けさは水音の(が)、よいことが(の)ありさうな
葱坊主、わたしにもうれしいことがある
湯あがりの、かきつばたまぶしいな(病後)
・竹の葉のうごく(そよぐ)ともなくしづかなり
・土は水はあかるく種をおろしたところ(苗代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + nineteen =