山頭火を生きる:三月十五日

雪が降りしきる、敬君を駅まで見送る、一杯やる、雪見酒といつてもよい。
酔うて労れてぐつすりと寝た。
夜は読書。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + 1 =