国防芸術と政策芸術

戦前、昭和十六年一月号の美術雑誌「みずゑ」に『国防国家と美術(座談会)――画家はなにをすべきか』という座談会の記事が掲載され、その後、芸術家や芸術団体への弾圧が始まった。 昨日、2015年6月25日に自民党議員が開いた「 […]

Read More

エートスと資本主義の精神

一時期大騒ぎとなったエートス・プロジェクト。最近はエートスという単語さえ目にしなくなってしまったが、すでに「社会的心理」となってしまっているのだろうか。

Read More

市民ファシズム

最近、自転車に乗っているとおまわりによく止められる。それも真っ昼間から。昔はずいぶんな夜中でないとそんなことは無かったのだが。人相が悪くなってきた事もあるのだろうが、それにしてもうざい。イヤホンを耳に付けて自転車に乗って […]

Read More

シュンタロウのバカ

日本生命だったかのコマーシャルで、谷川俊太郎は「けれど目に見えぬこの商品には、人間の血が通っています。」と言っていた。見ていて背筋がぞっとした。生命保険会社に集まるお金がなにに使われているのか。老後の幸せを買うための年金 […]

Read More

革命の不可能性

変革や革命を訴える人たちの中に、保身のために自分以外の世界を変えようとする人たちが少なからずいる。自分自身も変化しながら世界を変革しようとするのでなければ革命は不可能だし、万が一革命が成功したとしても、そこは今よりつまら […]

Read More

智恵子は東京に景色が無いという

とうとう東京から風景も景色も自然も無くなる時がやってきたようだ。 全てのマスコミが広告と化したように、やがて世界の空間は全て広告と化すだろう。 ナイキに命名権売却へ 渋谷区 宮下公園、1700万円で ナイキって安保の頃は […]

Read More