退廃芸術と表現の検閲

10月5日に東京藝術大学北千住キャンパスで、現代美術政治芸術研究会主催のシンポジウム「表現の規制と自由 —— ろくでなし子逮捕事件、そして、身体表現のポリティクス」が行われます。「わいせつ電磁的記録媒体頒布罪」で逮捕され […]

Read More

謎の「バレン」

小学生の美術の時間、版画の授業で必ず使う「バレン」。何の疑問もなく受け入れていたし、よくある韓国経由で入ってきた中国の文化だろうと思っていたが、どうやら違うらしい。バレンが一番信頼できる気がして、自作のものを愛用していま […]

Read More

未来に影を落とす芸術運動

現代アートに影を落とし続けている芸術運動がある。「未来派」だ。戦時中の翼賛芸術などは、いくらでも、権力に責任を押し付けられるのだが、「未来派」は、自ら望んで男根的な戦争をファシズムを創造の源とした。そして其処が現代アート […]

Read More